「ブラックリストって、本当にあるの?」と思われるかも知れませんが、実際、勝手にブラックリストと呼んでいるだけで、実際の所は、信用情報機関の「事故情報」と呼ばれるものになります。

では、どのような事をすると事故情報扱いになるのかと言うと、通常の場合、3か月以上滞納するとリストに掲載されると言われています。この場合、慌てて、3か月以降に返済しても、すぐに事故情報から記載が排除される事はありません。通常5年ほど記載されると言われています。

その場合、その間は、新たにキャッシングの審査申し込みを行ったとしても、まず、審査を通過する事は出来ないと思います。その為、必ず返済は滞納することなく、行っていく事が大切です。この事故情報扱いになった場合、キャッシングの審査申し込みだけではなく、もちろん、住宅ローンやマイカーローンなど一切のローン審査も難しくなります。また、クレジットカードの審査まで通過する事ができなくなってしまうのです。

そのような事から考えるとキャッシングの審査だけに影響を及ぼすものではないと言う事が言え、今後の事を考えるとキャッシングを利用する際は、必ず、きっちりと返済していくと言う強い意志が大切になると言えると思います。